Ensamble Amedeo Mandolin Orchestra HOME  

2004年08月13日

サンダーバード

映画「サンダーバード」を観てきました。
オリジナルのテレビシリーズと比較したり、それぞれのサンダーバードのこだわりを持って何かを期待して観てしまうとそれが満たされないことはあるかも知れませんが、そういうことを抜きに素直に、それも子供も楽しめる映画という感覚で観れば、とても楽しかったですね。

個人的にはやはりレディ・ペネロープ(ソフィア・マイルズ)とティンティン(ヴァネッサ・アン・ハジンズ)がスクリーンに出ている時が一番嬉しかったですかね。えへへ。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monologue1980/5731118
この記事へのトラックバック
やっぱ、思い入れがあるんですよね〜、オリジナルには。 再放送だけどリアル世代だし、DVD全巻持ってるし(^^; 新しい作品として観れば、たぶん楽しめるんだろうな。 問題はそれができるかですが(^^; LoRみたいな小説の映像化とはワケが違うからなぁ・・ ...
続・サンダーバード【Juicyな日々】at 2004年08月13日 09:27
先に言っておきます。本日の記事は、名前の「配列は確かに似てるけど ミャオ・ミャオ選手とは関係ないです。 ただいま公開中! な映画「サンダーバード」、見てきました。 ストーリー──ネタバレ含みますが、いちおう書いておきます。  悪いハゲにはめられて宇宙ステーシ
ティン・ティン 〜燃えのはずなサンダーバードで〜【萌えであいましょう】at 2004年08月23日 00:11
 
Copyright(C) 1998-2005, Ensemble Amedeo All rights reserved.