Ensamble Amedeo Mandolin Orchestra HOME  

2007年09月25日

ウィンドウ落下物語

先日、自分で洗車する時間がなかったのでガソリンスタンドに行って洗車と車内清掃をしてもらった。
 
待合室で待っていると、車内清掃中の店員が寄ってきて「助手席側のウィンドウが動かないんですが、何かスイッチとかあるんでしょうか?」って聞いてきた。
 
いや、そんなことないはずと思い見に行く。
 
ウィンドウはちょうど半分くらい開いた状態で止まっている。
パワーウィンドウのスイッチを操作してもビクとも動かない。
 
あらららら〜故障か〜?
 
店員がウィンドウを軽く上から押さえた。
 
すると・・・・
 
 
 
ズドン!
 
 
とウィンドウがドアの中に一気に落ちました。。。。。
 
へ???
 
店員たちと顔を見合わせる。
 
こんなんあり?
なんか外れたね?
 
洗車終了後、当然ディーラーのサービス工場へ直行です。
 
部品が取り寄せなので、その間の応急処置としてウィンドウを閉めた状態で固定しますとのこと。
 
その作業時間が約1時間。
 
そりゃそうだな。ドアの内張りを取り外して作業してるんだろうな・・。
 
この1時間の待ち時間。
ちょうどディーラーの営業担当者がそこにいたので、ずっとその人と話をしてた。
 
もうタイヤ交換をしないといけない。前のタイヤがつるつる。。
 
でもせっかくだからインチアップしたいんだ〜みたいな話をしておりました。
 
その結果は次の日記で。
 
しかし、まだ買って2年過ぎただけの車のウィンドウがズドンって落ちちゃうなんて、さすが○ル○デス。
 
さすがだ。。。
 
σ(^_^;)アセアセ...
 
 
ちっとも驚きません。
 


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monologue1980/51141965
 
Copyright(C) 1998-2005, Ensemble Amedeo All rights reserved.