Ensamble Amedeo Mandolin Orchestra HOME  

2006年07月05日

ひどい目医者!

昨日メガネを無くしてしまったので、今日は夜間運転用の度のきついメガネをかけて出勤。このメガネだと遠くははっきりくっきり見えるんだけど、近いところは手元どころかパソコンの画面もピントが合いません。メガネをはずしてパソコンをやろうとすると、思いっきり顔を画面に近づけないといけないんです。
 
会社の周辺の眼科を探して行って来ました。一応ちゃんと眼科でメガネの処方箋を出してもらおうと思ったわけです。ところが行った眼科は一言で言って「ひどい目医者!」
 
看護師さしき人がまず視力を測り、遠距離用か近距離用か聞かれました。仕事に使うので「近距離用」って当然答えたわけです。そしたら今度は「何センチくらいのところが見えるようになりたいですか?」って聞いてくる。そりゃあ見えるに越したことないので「30cmくらいが見えると助かる。」って言った訳です。間違いはそれだったんだと思います。。。
 
2〜3のレンズを付け換えて近距離の見え具合をはかり、その後診察室に呼ばれて医師が眼圧や眼球の写真やなにやこれやの検査をしておしまい。
 
いえいえ、その上でこのレンズでどんな感じですか?って実際に試してもらえるならいいんです。ところが診察を終えて待っているといきなり受付から呼ばれてお会計。処方箋もできてます。
 
え??
この度数で行きましょうって、何の試し見もせずに処方箋出しちゃうの?
しかし気の弱い僕は何も言わずに2230円払って処方箋をもらって来ましたが、どう考えてもおかしいんですよ。だって右目のレンズの度数が0なんですよ。つまり度無し。これってメガネかけずに裸眼で見ればいいってことですよね。確かに30cmが見れれば助かりますが、それはメガネをはずせば見える距離なんですよ。でもそれじゃあ1m先はボケちゃうんですよね。。。。
 
そんなメガネでは日中全然使えませんよ。使えるのは腕時計を見るときくらい。がはは。
 
もう1軒別の眼科に行こうかとも思いましたが、また同じような目に合うのもいやなのでその処方箋を持って眼鏡店に行きました。ちゃんと事情を説明し、30cmだけじゃなくて1mくらいも見えるようにしたい。その分遠距離は多少ボケても仕方ないがそのうまいバランスを取りたいって説明して、いろいろ試してもらって自分で確認して度数を決めました。
 
いやいや、困ったもんです。
東大卒の医者みたいです。それが分かるような記念の掛け時計が飾ってあったし。
 
患者は、たとえ僕みたいに医療関係の仕事をしている人間でも、医者にあれこれ聞いたり意見したりはできないもんなんですよね。やっぱ医者側が何か質問か言いたいこととかありますか?って聞いてくれないとダメですね。
 
それにしてもひどいなあ。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monologue1980/50667796
この記事へのコメント
読ませてもらいました。
ブログって楽しいですよね♪
Posted by pooh好き at 2006年07月05日 13:22
 
Copyright(C) 1998-2005, Ensemble Amedeo All rights reserved.