Ensamble Amedeo Mandolin Orchestra HOME  

2005年11月04日

世田谷線

生まれて初めて「世田谷線」に乗りました。三軒茶屋から。
 
まず戸惑ったのは改札口。パスネットは使えないんですね。改札にいる駅員さんから「パスネットは使えませんので。140円です。」と言われて切符を買おうとしたら、「ここに直接入れてください。」と自動改札機らしいものを指差してくれました。
 
「おつりは出ますか?」と150円を見せたら、
「おつりが必要な場合はここに入れてください。」と。
 
う〜〜ん、この自動改札機、よくよく見るとバスの料金箱に酷似しています。
 
150円を入れると手前から10円のおつり。それだけ。切符が出てくるわけでもなく、ゲートが開くわけでもなく。そのままホームに上がりました。
 
電車は2両編成。何となく江ノ電を彷彿とさせる感じです。
 
途中の駅で乗ってくる人は、電車の一番はじのドアから乗り込み、定期券をかざしたり、お金を払ったりして乗り込んでいきます。ドアの脇にはさっき見たのと同じような料金箱が設置されています。
 
う〜〜ん。ますますバスだな。
 
途中の駅で降車。
ホームから狭い階段をそのまま降りてダイレクトに道に出られました。
 
面白かった。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monologue1980/50220806
 
Copyright(C) 1998-2005, Ensemble Amedeo All rights reserved.