Ensamble Amedeo Mandolin Orchestra HOME  

2005年11月30日

モバイルSuica

来年1月28日からモバイルSuicaのサービスが始まるようです。要はFelica搭載のお財布携帯をかざせば、JRの自動改札を通過できるっていうサービスです。
 
これは前々から待ち望んでいました。Suicaのカードを持たなくてもいいし、残高照会やカードへのチャージも携帯でできるようになります。
 
ところがですね。このモバイルSuicaを利用するためにはなんとJR東日本のクレジットカード「ビューカード」の会員にならないといけないんですよ。
 
要はビューカードの会員になってもらって、モバイルSuicaのチャージの決済はこのカードから行うという話なんですが、ビューカードの年会費500円とって、さらに当面は無料だけどモバイルSuicaの年会費も取る予定なんだそうです。
 
なんか納得いきませんね。考えてしまいます。使おうかどうか。
 
今のSuicaだって保証金とか言って500円取ってるのも腑に落ちないんですけど、今度はクレジットカード作れ、その会費払え、モバイルSuicaの会費も払えって言うわけですよね。そこまでするなら今のSuicaを持ち歩くのでいいかなって思っちゃいます。
 
 
どうもビジネスモデルが間違っている気がします。
  

Posted by monologue1980 at 10:55Comments(1)TrackBack(0)

2005年11月28日

徒然

サボり癖の原因分析をした途端に10日間もサボってしまった。困ったもんです。
 
最近ちょっと忙しくなって来ました。忙しいと言っても毎日残業が続くという忙しさではありません。時間はそれなりにゆったりと流れています。ちゃんと早く帰って家族で夕食をとることもできます。それなのになんか落ち着きません。土日にのんびりと過ごせなくなっているのだと思います。
 
ほぼ毎週末にあるアメデオの練習。これは毎年のことですから何でもないのですが、それに加えて土曜や日曜の仕事がポツポツ入ります。これもそんなにしょっちゅうではないのですが、それが両方重なったりする。練習と仕事。
 
そうなるとどうしても仕事を優先せざるを得ないわけで、もちろん自分ひとりでできる仕事ならいくらでも仕事の時間を調整してしまうのですが、アメデオの練習に行けないという、以前であったらほとんどそんなことなかった事態が発生しています。
 
立場的に、なるべく練習には毎回参加するようにしています。それがなかなか叶わなくなっているので落ち着かないでしょうね。
 
仕事上のストレスもあるみたいです。別に嫌な思いをしているわけではありませんが、なかなか難しい立場にいるのでどうしても「我慢」という状況が多く発生します。それが少しずつ溜まってくる。溜まったストレスはマンドリンの練習に行くとある程度発散できるみたいなのですが、それも叶わない状況になるとどんどん溜まっていく。ほんのちょっとしたきっかけでそれがドバ〜〜!って溢れ出てきます。
 
溢れ出るストレスは、すごい勢いで相手を攻める、と言うか、ほとんど自分勝手な発言を相手にぶつけてしまう。そのときってもう興奮状態なんでしょうね。そんな相手をさせられた人はたまったもんじゃありませんよね。本当にお許しください、って言う感じです。
  
Posted by monologue1980 at 15:30Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月16日

サボり癖の原因

はたと気がつきました。どうして最近、以前みたいにこの呟きを高頻度で書くことができないのか。
 
以前は毎朝、出勤前に書いてたんですよ。出勤前にちゃんと書く時間を設けて、そこで書くことを習慣にしてました。
 
ところが、新しい会社になって、朝起きる時間は変わらないんだけど、家を出る時間が早くなってしまい、呟きを書くだけの時間が取れなくなっているんです。
 
これが最大の原因。
 
と言って、今より早く起きるってのはねえ。今でも4時50分に起きてますから。それより早起きするのはちょっと勘弁ですね。
 
じゃあ、夜書くか。
実はこの方が難しかったりする。少なくとも毎日はとても無理!
 
飲み会があって遅く帰ってきたときにはそんな力は残っていないし、早く家に帰って家で夕食をとった時は、あははは、やっぱビール飲んで気持ちよくなって早速と寝てしまうわけで。。
 
さ。原因は分かった。
問題はその対策だな。。。
  
Posted by monologue1980 at 18:26Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月14日

ゴッドハンド輝

昨日の練習の昼食時に一緒に食べていたGくんから「最近、呟き書くの少ないですね」と指摘を受けてしまいました。
 
う〜〜ん、確かにそのとおり。最近サボり気味ですね。一度サボり癖がつくと、ついつい書かなくなってしまいます。書かなくなると今度は話題が出てこなくなります。これって悪循環。
 
先日、豊田市にあるクリニックに仕事で行ってきました。そこの院長から少年マガジンに連載されている漫画「ゴッドハンド輝」の話を聞いて、早速ネットで全巻購入しちゃいました。(1〜25巻、まだ終わってない)
 
一気に読んでしまいました。結構面白かった!
 
毎週欠かさず買っている「モーニング」には「ブラックジャックによろしく」が連載されていて、こちらはかなり重い内容ではありますが、ゴッドハンドの方は外科医のお話で、まあとにかく手術手術のオンパレードです。でも必ず患者さんの命は救われるので結構お気楽に読むことができます。
 
なぜこんな漫画を医者から紹介されたかと言うと、そのドクターも外科が専門なんですが、何でも消毒薬とガーゼを使わない外傷治療に傾注している人で、昔からの外傷治療の常識である傷口の消毒→ガーゼで保護→毎日交換って言うのは傷の治癒を遅くし、かつ治り方もきれいじゃないって言うんですよ。傷口は水洗いをして、あとは傷口から出てくるジュクジュクが保持できるように密閉すればいいって言うんですね。あのジュクジュクが皮膚の再生をしているのに、それをガーゼなどで吸い取ってしまってはダメ!っていうことらしです。
 
その話題が「ゴッドハンド輝」に出ているんだよと教えてくれました。ならばと1巻から順番に(当然順番に読みますよね)読んで行ったのですが、結局その話題が出てきたのは24巻だったかな・・・。あはは。
 
学問的なことは以下のページに詳しく載っています。(このサイトもそのドクターに教えてもらったのですけど)
学問的とは言え、かなり一般の人にも分かり易いように書かれていますから、興味のある方は覗いてみてください。結構「目から鱗」ですよ。次々と読んでしまいます。
 
新しい創傷治療〜消毒とガーゼの撲滅を目指して
http://www.wound-treatment.jp/
  
Posted by monologue1980 at 15:43Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月04日

世田谷線

生まれて初めて「世田谷線」に乗りました。三軒茶屋から。
 
まず戸惑ったのは改札口。パスネットは使えないんですね。改札にいる駅員さんから「パスネットは使えませんので。140円です。」と言われて切符を買おうとしたら、「ここに直接入れてください。」と自動改札機らしいものを指差してくれました。
 
「おつりは出ますか?」と150円を見せたら、
「おつりが必要な場合はここに入れてください。」と。
 
う〜〜ん、この自動改札機、よくよく見るとバスの料金箱に酷似しています。
 
150円を入れると手前から10円のおつり。それだけ。切符が出てくるわけでもなく、ゲートが開くわけでもなく。そのままホームに上がりました。
 
電車は2両編成。何となく江ノ電を彷彿とさせる感じです。
 
途中の駅で乗ってくる人は、電車の一番はじのドアから乗り込み、定期券をかざしたり、お金を払ったりして乗り込んでいきます。ドアの脇にはさっき見たのと同じような料金箱が設置されています。
 
う〜〜ん。ますますバスだな。
 
途中の駅で降車。
ホームから狭い階段をそのまま降りてダイレクトに道に出られました。
 
面白かった。  
Posted by monologue1980 at 14:23Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月03日

「マンドリン悠々」復活

いや〜〜、長い長い間放ったらかしにされていた「マンドリン悠々」がついに復活しました。

きっかけが光田先生だって言うんですから素晴らしいです。

さあ、また楽しみですね。一体どんなのが出て来ますでしょうか。  
Posted by monologue1980 at 18:54Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月01日

子供の力

日尾先生に招かれて、杉並区立四宮小学校合唱団の校内音楽会にアメデオが招かれて一緒に演奏をしました。
 
この合唱団はまだできたばかり。結成されて半年しか経っていないんだそうです。つまり日尾先生が作った合唱団。
 
前の小学校(久我山小学校)の時もそうでした。転勤で学校が変わり、そこに合唱団がないと作ってしまいます。作って半年位するとアメデオにお声がかかります。
 
今度の四宮小学校合唱団。メンバーが100人以上いる!その上結構男の子も多い!最初からすごく声が出ています。元気です。きっと技術的にはまだまだなのでしょう。発声の仕方もちょっと地声に近い感じ。ただ、声の出方、みんなの態度、雰囲気、表情・・・、こんなんを見ていると、とても素直、まっすぐな子供たちという印象を持ちました。一緒に演奏をして、とてもいい気持ちになりましたね。
 
やはり子供っていいですね。
 
その前日、精神的にかなり参っていて、ちょっと荒れてしまい、何人かの人にとても迷惑をかけました。でも子供と一緒に演奏をしたら、そんなの吹っ飛んでしまいます。子供たちが一生懸命に何かをする姿って心を動かしますね。
 
幼稚園や小学校の運動会、学芸会、そんなものもみんなそうです。子供たちが一生懸命走っている姿や演技をしている姿を見ていると目頭が熱くなってきます。元気をもらうことができます。
 
子供の力ですね。
 
そうそう、音楽会には日尾先生の前の学校の元の校長先生、光田先生も来られていました。ちょっとだけお話できましたが嬉しいですね。ちゃんと来賓席を用意していたそうですが、光田先生は結局そこには座らず、一般の席に座られたようです。光田先生らしい・・。
 
音楽会は大盛況でした。お客さん(大半は保護者や児童のみなさんでしょう)の反応もびっくりするくらい良かったです。あの「アンコール!!」というコールは予め仕組んでいたんだろうか・・・。
  
Posted by monologue1980 at 15:37Comments(0)TrackBack(0)
Copyright(C) 1998-2005, Ensemble Amedeo All rights reserved.