Ensamble Amedeo Mandolin Orchestra HOME  

2005年01月30日

勧誘電話

昔から良くある勧誘電話。たまに今でも電話に出ます。
勧誘電話と言っても、オフィスにかかってくる怪しげな先物取引・商品相場のようなものを今は言っているのではありません。最近僕が自宅で受けたのは僕が加入しているプロバイダ、ASAHI-NETからの勧誘電話、そしてOMCカード(持っているクレジットカードです)からでした。

ASAHI-NETからは、ADSLコースへの変更のお誘いでした。今とても安価にADSLコースに変更できますといういわゆる「営業」なんですね。今の僕の契約形態はダイアルアップコースなんです。以前はフレッツADSLコースでしたが、今のマンションに移って、マンション自体が無料の光ファイバーインターネット接続サービスがあるためそちらで接続しています。

ASAHI-NETは不要になるはずですが、実はここを使ってアメデオのHPを運営していることや長年使っているメアドを変更したくないので、ADSLコースから普通のダイアルアップコースに変更したんです。

いまだにダイアルアップコースを使っているユーザ相手の電話営業だったんだと思います。

「大変お得なADSLコースを紹介させていただけますでしょうか」みたいな感じで電話がかかってきました。僕の状況を説明しておしまいです。

次はOMCカード。これにはちょっと驚きです。興味がないので詳しく聞きませんでしたが、僕が電話に出て名前を確認された後、いきなり「最高1億円の保険のご案内云々・・・」。

まあ、話し方と言うか、電話での切り出し方のマニュアル、原稿ってのがあるんでしょうけど、いきなり「1億円」なんていうのも逆に「いい加減にしてくれ」って感じですよね。まあ、何の保険なのかまでは聞きませんでした。1億円の補償って言ったら生命保険(1億円の生命保険って凄いけど)か、あとは自動車保険の対人補償ですかね〜。

OMCカードのホームページを見たら、結局各保険会社の取り次ぎをしているわけで、テレビCMでよく見る「手頃でがっちり」とか「アフラック!」とかが並んでいるだけなんです。

しかしそれを電話で営業するんですね。

どうも電話での勧誘というのは信じられないんですね。電話だけでないですけど、売る側からの勧誘って結局売る側の都合の良い言い方とか、売りたい製品だけの説明とか、要は売る側の理論に立ったものでしかないわけです。

こっちが聞いてもいないのに、勝手に薦めてくるものは気をつけろ。です。

歌舞伎町にたくさんいる呼び込みのお兄ちゃん達。この人たちのお誘いにも乗ってはいけませんよ。このお兄ちゃん達に呼び止められたら、近くで美味しいラーメン屋を知りませんか?お兄ちゃんがよく行く店は?なんて質問するといいです。ちゃんと教えてくれますよ。道順まで丁寧に教えてくれる。ラーメン食べたらまた元に戻って、そのお兄ちゃんにちゃんとお礼を言うともっといいですね。

あ、話がそれてしまったかな。。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/monologue1980/13304957
 
Copyright(C) 1998-2005, Ensemble Amedeo All rights reserved.